桜田温泉について

温泉の鮮度をフレッシュな状態で注ぐために・・・。
「加水しない」
「空気に触れさせない」
「圧力を抜かない」
温泉が劣化する要素を取り除き辿り着いた究極の源泉かけ流し。

最も大きな違いは
「お湯のまろやかさ、肌触りのやわらかさ」
大きな湯舟でゆったりと寛ぐのが極上の桜田温泉スタイルです。

<桜田温泉を解説>
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉(療養温泉)
泉温:74度(高温泉)
湧出量:毎分約550リットル(最大値)
常時使用量:毎分約200リットル
掘削深度:約1000m
自噴密閉圧:6kg/cm²(地上高60mまで噴き上がる。)
飲泉について:飲泉許可取得の飲泉所あり。
※桜田温泉の源泉はナチュラルミネラルウォーターとして販売中。

<桜田温泉の成分>※平成21年源泉分析結果
pH:8.5(低張性・アルカリ性)
陽イオン(mg/kg)
・ナトリウムイオン(Na⁺):298.3
・カルシウムイオン(Ca²⁺):246.5
・カリウムイオン(K⁺):7.4
・マグネシウムイオン(Mg²⁺):0.08
陰イオン(mg/kg)
・硫酸イオン(SO₄²⁻):1103
・塩素イオン(Cl⁻):93.9
・炭酸イオン(CO₃²⁻):7.3
・炭酸水素イオン(HCO₃⁻):5.4
非解離成分(mg/kg)
・メタケイ酸(H₂SiO₃):72.3
・メタホウ酸(HBO₂):3.2

<桜田温泉の特徴>
桜田温泉は飲める療養温泉です。
日本の飲用水は軟水が非常に多いですが、
桜田温泉の源泉は、日本の飲用水としては珍しい硬水で、
そのなかでも硬度の高い超硬水に分類されます。
(硬度:615mg/L)
一般的に水の硬度が高くなると、飲みにくいと言われますが、
桜田温泉は超硬水とは思えないほど飲みやすく、
取り寄せて常飲されるお客様も多くいらっしゃいます。